×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東方うずら

アルトラパンが我が家の愛車です

東方うずら

 

アルトラパンが我が家の愛車です
スズキのアルトラパンが愛車ですが、年月が経つにつれて益々愛着が湧いています。4人家族なので正直車内にゆとりはなく、大きな車にも憧れはあります。けれども私は女性で、自分で運転するには小回りも利いてとても乗りやすいのです。

 

見た目もミニカーみたいに可愛くって、ちょっとクラシカルな雰囲気が特に気に入っています。私のアルトラパンはの色はブラックですが、内装はベージュを基調としたナチュラルなデザインです。
オーディオやエアコン周りもベージュにホワイトのラインが入っているシンプルなデザインです。

 

アルトラパンは軽自動車ですが、高速道路では100キロのスピードを出しても滑らかに走ります。昔の軽自動車のイメージとは違って、最近の軽自動車はスピードも出るし馬力もあります。
この車は燃費も優れもので、大体リッターで13キロほど走っています。

 

ガソリン車の中では非常に燃費が良い方だと思います。こんな可愛くて燃費が良くておしゃれな車は、アルトラパンの他にはないと思っています。これからも大切に整備をして洗車をして長く乗りたいと思っています。

アクセルを急激に踏まない

むしろ走り出してしばらくは、アクセルを急激に踏まないように気をつけましょう.エンジンオイルはアイドリングでもすぐ温まりますが、ミッションやデフのオイルが暖まるのは多少走る必要があります。エンジンが十分温まっ分までに暖気をしても、急に激しい運転をしたのでは、これらのオイルが硬く、十分な潤滑ができないために負担がかかってしまうのです。

 

車がしっかり目を収めるまでに、穏やかに、静かに運転することを心がけて、その間は五感を解きますまざって異常な音やにおいがないかを注意します。

 

それだけで、トラブルの可能性をかなり減らし、車を愛するのであれば、この程度の車のしつけとは別に習慣にしておくことになった方が良いです。そうした注意を払いながら運転するうちに、車はあなたの運転に慣れて、同時に、あなた自身も車のメッセージが感じ取れるようになってくるはずです。そのコミニケーションが取れるようになる頃には、車のしつけも自然とはっていることでしょう。

 

最初は優しく、穏やかな運転を心がけることで、車は新しいオーナーになじみ、心を許していくようです。まるで男と女のつき合いみたいな感じですが、男女の間に、いかに親しくなろうともタブーがあるとと同じように、車には、できればやらないほうがいい操作があります。しかも日本人には、このやらない方の操作がナズ高習慣にしている人が多いのです。

 

遊びやドライブや車種の日記
クルマ遊び
知り合いの車査定士の日記です。